マイトデザインワークス

自然の恵みが生み出す“豊かな色彩”

春の桜の美しさを、いつも感じられたら――。そんなことを思ったことはないだろうか。しかし四季は移り変わり、木々も姿を変える。だが、「草木染め」なら、その美しさを閉じ込めることができる。

マイトデザインワークスは、天然素材とメイドインジャパンにこだわり、モノ作りをしているブランドだ。すべての商品は、古くから伝わる「草木染め」という技法によって色を表現している。代表の小室真以人さんは、こう語る。

「その名の通り、「草木染め」は植物を原料にし、モノを染めます。たとえば桜の枝先を使って、ピンク色に染め上げることも可能です。自然の色を使うことで、四季折々の自然の美しさが、姿を変えてそこに宿り、生き続けるんです」

自然の恵みを商品に息づかせる。美しい響きではあるが、それは決して簡単なことではない。

「自然を相手にしていますから、同じ植物を使っても、毎年同じ色が出せる、という確証はありません。ですがそれが、本当の意味で“自然と暮らす”ということだと、僕は思っているんです。毎回違うからこそ、いつもどんな色に染まるかワクワクしますし、そこにはつねに発見と感動があります」

草木染めは天然染料(植物など)を使うため、色のコントロールが非常に難しい。しかしその温かい色味は、天然染料を使う“草木染めならではの魅力”だ。

「ただ、草木染めには、化学染料と比べると色が弱い、という問題もありました。それを解決するために、糸を紡ぐ前の“原綿”から染める『トップ染め』という手法を採用することで、従来よりも強い色を出すことを実現しています」

さらに、「草木染め×トップ染め」という新たな方法を生み出したことで、より効率的に、草木染めらしい“優しい色合い”を表現できるようにもなった。

そこまでして「草木染め」にこだわるのには、理由がある。

「小学3年生のとき、突然、カメラマンだった父が『本物の色がある』と言って、草木染めの職人に転職したんです。東京暮らしが一転、福岡の山奥へと引っ越しました。そこに店舗と工房を作り、仕事を始めたんです」

田舎暮らしは楽しかった。何より小室少年を感動させたのは、“色”だった。

「空の色も、山の色も都会で見るよりもずっと美しく、澄んだ色をしていました。その頃から父の仕事の手伝いもしていましたし、草木染めに僕がこんなにも魅了されているのは、その頃の体験が影響しているからだと思います」

日常の中に当たり前に草木染めがあり、いつもそこには父の背中があった。その後、東京藝術大学に進学。そこで伝統工芸を学んだ。

「工芸は人に使ってもらうことが大切です。そのためにはアイデアも必要です。素晴らしい技術だけれど、生産効率が悪く、なくなってしまうものもあります。実は草木染めも、明治時代に化学染料が登場したことで、一度は途絶えそうになった技術のひとつなんです」

着物を見てもわかるように、飛鳥時代から日本の色彩は豊かだった。さらに江戸時代には、「世界一の色数」とも言われていたという、その技術ですら、途絶えそうになった過去があるのだ。

「草木染めの魅力はそのままに、課題があった部分には少しアレンジを加えて、現在の形になっています。自然は人の心を豊かにしてくれます。天然染料で染めたモノも同様に、使う人の心を豊かにしてくれると信じています。そしてその技術を、僕はこれから先も絶やすことなく、残していきたいんです」

こだわり抜いた商品はどれも、温かさにあふれていて、使う喜びを感じさせてくれる。そのすべてに使われている天然染料について、小室さんは「植物の命をもらっている」と表現した。それは自然を心から愛し、感謝していることが伝わる言葉だった。続けてこうも言った。「僕は一生、草木染めの仕事をしていく覚悟です」。その目の輝きを見れば、作り出すモノがいいのは当然のことのように思えた。

Profile
Brand

マイトデザインワークスのコンセプトは、天然素材とメイドインジャパン。「トップ染め」と呼ばれる、原綿から糸を染める技法と古くから伝わる「草木染め」を組み合わせることで、気軽に日常へ取り入れられる、優しい色合いの商品を多く生み出している。また、商品はすべて全国各地の職人と連携して作られ、ひとつひとつのモノに職人の技と想いが込められている。

Reccomend

   

Brand