SOL’S COFFEE

幸せな時間を作る、からだに優しいコーヒー

“からだに優しく”、毎日飲んでも飽きないコーヒー。それがSOL’S COFFEE(ソルズコーヒー)の目指した味だ。人によっては、「コーヒーを飲むと胃がムカムカしてしまう」という人もいるだろう。そんな人にこそ、ここのコーヒーをおすすめしたい。SOL'S COFFEEの代表・荒井利枝子さんはこう語る。

「よくコーヒーを飲みすぎると、胃がもたれたり、痛くなったりすることがありますよね。その原因は、コーヒー豆に混ざる『欠点豆』によるものです。割れてしまったり、ダメージを受けている豆は、雑味や苦みを生み、胃に負担をかけます。だからSOL’S COFFEEでは、欠点豆を取り除くための「ハンドピック」を、焙煎前と焙煎後の2回に渡り行っているんです」

缶コーヒーのように、一度に大量生産する場合、手作業のハンドピックを実施することは効率の問題から難しい。だがコーヒーは、ダメージを受けた豆を排除することで、味もよりクリアで上質なものになる。そのためのハンドピックを、通常1回のところ、SOL’S COFFEEでは2回行なっている。

「ハンドピックだけではなく、焙煎にもこだわりがあります。“飲みやすさ”を重視しながらも、それぞれのコーヒー豆が持っている個性や産地特性をきちんと引き出し、体にすっと入っていくような、“からだに優しい”すっきりとした味わいのコーヒーを目指しています」

コーヒー豆も、その年に採れた新豆しか使わないのがポリシーだ。さらに焙煎時も、酸味や苦みを抑えるために、温度や時間を細かくチェック。コーヒー豆本来の味を保ちながら、“SOL’S COFFEEらしい”飲みやすさも持ち合わせたベストな状態に仕上げている。飲めば、その優しい味わいに、自然と心が癒されるのを感じる。また、口の中に残るコーヒーの香りも、どこか品があるのは、手間を惜しまず、厳選したコーヒー豆だけを使っている故だろう。

いまでこそ、コーヒーに夢中の荒井さんだが、実は学生時代は、「これを仕事にしよう」とは、まったく考えていなかった。しかしまるで、“コーヒー”に導かれるかのように、今日に至った。

「専門学校を卒業後は、企業に就職することが決まっていました。それが突然、リーマンショックの影響で取り消しになってしまったんです。どうしようかと迷っていたときに、偶然、同級生の実家がコーヒーを焙煎していて、そのコーヒーが非常においしかったので、「設備もノウハウもあるのだから、コーヒー屋をやってみよう」と思ったんです」

その味は、荒井さんの背中を押した。「この味をもっと広めたい。もっと身近な存在にしたい」という気持ちが高まり、その勢いのまま、卒業と同時に起業。当初は、通販と移動販売からスタートした。

「現実は甘くなかったですね。最初の頃は、売り上げも厳しいものでした。実績もコネもない、しかも移動販売をするために車を購入したため、お金もない。「ないものばかり」の状態でした」

コーヒーの味は、当時からよかった。だが、移動販売という形態では、固定客が付きづらい、という問題があった。そんなとき、「この場所を好きに使っていいよ」と実店舗第1号となるテナントオーナーから声が掛かった。それを機に、店舗中心の営業形態へとシフトした。これが功を奏した。その後、場所や店のサイズを変えながら、現在は東京の下町・蔵前で、多くの人から愛されるコーヒーショップとして、営業している。最近では、少しずつ飲食店にコーヒー豆を卸したり、その味に惚れ込んだ高級料亭からの依頼で、そのお店専用の「オリジナルブレンド」作りなども請け負っているそうだ。

社名にある『SOL』は、Serendipity Of Life(セレンディピティ・オブ・ライフ)の略だ。Serendipityとは、「偶然に幸せを発見する才能」のことを意味する。そこには、「コーヒーを淹れること、飲む時間、空間を通して、日々の生活を少しだけ豊かにしてくれるような、そんな体験を多くの人に届けたい」という思いが込められている。

「私たちはコーヒーを通じて、『毎日に、ふとした幸せを届けられたら』と思っています。コーヒーの香りには、リラックス効果があります。だからコーヒーのある生活は、“自分に優しい時間”を作ることにもなるんです。ひとりのときも、大切な誰かと団らんしているときも、もしその隣に私たちのコーヒーを置いてもらえたら、こんなにうれしいことはないですね」

そう語る荒井さんの笑顔からも、同社のコーヒーのような、優しさが浮かんで見えた。

Profile
Brand

東京の下町・蔵前にあるコーヒーショップ「SOL'S COFFEE」。珈琲豆はその年に採れた新豆だけを使用し、煎りムラなく、しっかり芯まで火を通す。さらに欠点豆を取り除くハンドピックも焙煎の前後に実施。通常の倍の手間をかけることで、飲みやすく、すっきりとした「毎日飲んでもからだに優しい」コーヒーを実現している。

Reccomend

   


【BUY USING FJ!】
日本国外からお買い物をされる場合は、こちらをクリックしてください。(※別サービスのページへ移動します)

【TRANSLATE】
ご覧のページを英語・中国語(簡体字、繫体字)に翻訳できます。
(※別窓で開きます。お買い物をされる場合は、元のページで【BUY USING FJ!】をクリックしてください。)

Brand