7/8(土)と7/9(日)の2日間、Makers’ Base Tokyoで、monoTOKYO初のWorkshopイベントを実施しました。
両日とも天候に恵まれ、午前10時からスタート。受付時にはお店の前まで列が出来て、Workshopへの期待が高まります。

1階では、SOL’S COFFEEさんが「オリジナルブレンドづくりもできるコーヒードリップセミナー」を開催。前半は、良い豆とそうでない豆を選別する「ハンドピック」という作業を皆さんに体験してもらいました。SOL’Sさんは美味しく「体にやさしいコーヒー」を作る為、普段からこの「ハンドピック」にこだわっています。

後半は、「この夏飲みたいアイスコーヒー」をテーマに、オリジナルのブレンドコーヒー作りに挑戦。参加者の皆さんが一つのチームとなって、コンセプト作りからブレンド豆の種類、割合、そして完成したブレンドのネーミングまでを考えます。 一つ一つの味を飲み比べながら、好きなテイストを話したり、時にはコンセプトについて議論をしたり、ブレンド完成に向けて熱く語り合われていました。

今回完成したオリジナルブレンドは、2日間で計6個。そして、後日この中から1つのブレンドを「ある方」に選んでもらい、monoTOKYOで「期間限定販売」する予定です。 一体どんなブレンドが選ばれるのでしょうか、そして、選んでいただける「あの方」とは・・・?是非お楽しみに。

4階では、ピーチブルームさん、HIS-FACTORYさん、フルフルドシュクルさん、NEU candleさんのWorkshopが開催されました。 ピーチブルームさんは、「はじめての帽子づくり」体験を実施。今回は、ブラック・ネイビー・ベージュの中から好きな色を一つ皆さんに選んでいただき、「ベレー帽」を作りました。

細かな縫製作業や、久しぶりのミシン作業にも皆さん集中して取り組み、全員がベレー帽を完成させることができました。(3時間で帽子が出来上がるってすごいですね!)

頑張った分だけ、完成した時の喜びは大きいもの。完成したベレー帽を早速被って帰られる方も多くいらっしゃいました。

お隣でやっていたのは、フルフルドシュクルさんの「ヴィンテージパーツで作るピアス/イヤリング」のワークショップ。代表でデザイナーの辻さんが、世界各地で集めてきた100種類近くのヴィンテージパーツを机の上に広げていました。参加された皆さんは、この中から好きなパーツをセレクトし、組み合わせて、自分だけのオリジナルピアス/イヤリングを作ります。

「好きな物を自由に」と言われると、どれを選んでいいか逆に迷ってしまうことも。そんな時は、講師の辻さんがパーツや組み合わせやのアドバイスを丁寧にされていました。そうして、少しずつ自分好みのアクセサリーが仕上がっていきます。

中には、当日の追加オプションで、2つアクセサリーを作って帰られる方もいらっしゃいました。気に入ったパーツでオリジナルのデザインなら、何個あっても良いですよね。日常のコーディネイトに取り入れたら、気分が上がりそうです。

monoTOKYO×Makers’ Base Workshop Report(後編)では、 HIS-FACTORYさんとNEU candleさんのワークショップについて、お伝えいたします。



【BUY USING FJ!】
日本国外からお買い物をされる場合は、こちらをクリックしてください。(※別サービスのページへ移動します)

【TRANSLATE】
ご覧のページを英語・中国語(簡体字、繫体字)に翻訳できます。
(※別窓で開きます。お買い物をされる場合は、元のページで【BUY USING FJ!】をクリックしてください。)

Brand